HOME > お知らせ > 5−11歳コロナワクチン。先生はどう思っていますか?

5−11歳コロナワクチン。先生はどう思っていますか?

5−11歳のコロナワクチン:私の子どもだったらどうする

 よく先生だったらどうしますか?という質問を受けます。

私の考えだと、できるだけ多くの方に勧めたいと思っています。

反対派の考えは、子どもは軽く済む、5−11歳のコロナワクチンがオミクロンに対しての効果のデータがない(大人は3回で効果あり)、子どもの接種により集団免疫を持つのは難しいなど。特に長崎大学感染症の教授の意見がそうです(基礎疾患のある子には勧めています)。オミクロンは軽いし、もし重症化しても風邪で重症化する確率と変わらないからと言い切っておられます。しかし、軽く済む子どもの感染により家族に広がり基礎疾患のある大人や、高齢者との濃厚接触があるとそちらの心配が大いにあります。子どもの感染により、家族の多くの方が濃厚接触者となり社会復帰に時間がかかります。高齢者にとっては生命に関わる可能性だってあります。

コロナワクチンのデルタ株に対する予防効果は2回接種で90.7%と言われています。オミクロンに関しては大人で2回投与70%、3回接種で90%以上の予防効果が報告されています。これらを考えれば、5−11歳に対しても効果は十分にあると考えられます。子どもの接種量は大人の三分の一の量ですが、大人同様の抗体の上昇が確認されています(いくらオミクロンに対してのデータがないといえども)。

長崎大学の教授は高齢者だと思いますが、自分の孫が同居していて孫がかかったらどうするのでしょうね?自分は既に3回接種しているから大丈夫なのかもしれませんが、まだ一般の方の3回目の接種は日本ではかなり遅れています。まだ2割にも到達していません。3回目の接種が終わっていない現時点では、いくら子どもは軽いからと言って、家族や社会全体のことに言及しなのはいかがなものかなと思います。

大人では、オミクロンに対するワクチンの効果は明らかにされており、1日も早く3回を全ての大人が接種することが新型コロナを制覇する道であろうと言われています。政府は、時短営業や会食を何人までとか言う前に、3回目の接種を全ての大人に行うことに全力を注ぐことが最も大切なことだと思われます。逃げるのではなく、積極的に予防接種で対抗するしかないと思っています。子どもも効果があり、他者への感染も弱くなることが予想されます。

先生はどう考えているのですか?再度回答いたします。

できるだけ、接種していただきたいと思っています。理由は、本人のため、家族のため、高齢者のため、社会全体のためでもあります。

ただし、高齢者との接触が全くない、ご両親もかかってもご自身や会社や周りへの影響は全くないと思われる方は、副作用は少ないと言われてもどうしてもしたくないと言う方、はしないという選択肢はあると思います。

令和4年3月1日 院長

お知らせ
6ヶ月ー5歳未満のコロナワクチン(日本小児科学会推奨)について
令和4年度のインフルエンザワクチンは10月1日よりスタート(予約は9月26日9時より)
コロナワクチンとインフルエンザワクチンの接種間隔は2週間以内でも可能です
5−11歳のコロナワクチン努力義務化へ、ファイザーワクチンの3回目を予定
コロナ心配の方、予約がいっぱいでも0942-72-6856へ電話ください
おたふくカゼワクチンが入荷しました!また、4月より小学6年生から高校1年生の子宮頸がんワクチンの定期接種が再開します。
4月より毎週木曜日の午前中は、感染症研究、治療で有名な屋宮先生の代診となります
4月より予防接種の際、ご両親以外の方が同伴される場合は、委任状が必要です
4月より土曜日の午後の診察は、コロナワクチン接種のためしばらく休診とさせていただきます
5−11歳コロナワクチンに関する知見 日本小児科学会(改訂版)3月16日
5−11歳コロナワクチン。先生はどう思っていますか?
厚労省 5−11歳のコロナワクチン Q&A
5−11歳のコロナワクチンの予約について
最新の濃厚接触者(発症が見られない)の家族の考え方(令和4年2月5日)
日本脳炎ワクチンのニ期(9歳ー12歳まで)の予約を開始
5−11歳の新型コロナワクチンの考え方:日本小児科学会(令和4年1月19日)
3月から予定されている5−11歳の新型コロナワクチンについて
発熱者は西側別棟にて診察しております
家族内に新型コロナ陽性者が出た場合の予防接種は1ヶ月は出来ません
風邪症状や発熱のない方は別室で待っていただき診察をいたしております
定期接種に伴い、ロタリックスワクチンの飲み直しもしないことになりました
10月からロタウイルスワクチン無料化(ただし、8月1日生まれ以降対象)
10月1日より予防接種の間隔が一部緩和されます。
発熱者や車で診療を希望される方は受付にお申し出ください(0942-72-6856)(院内でのゾーン分けや発熱外来に疑問あり)
玄関ドア、窓を開けて診察しています
定期薬をご希望の方は診察なしで処方いたします
来院時は保護者の方はできるだけ一人でお願いします。
今年4月から小学生になるお子さんで麻疹風疹(MR)ワクチンはお済みですか?
換気、アルコール消毒を頻回にしながら診察しています
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安
9月より土曜日の午後診療を17時まで延長いたします
子どもの、手足が麻痺する病気が増えている
土曜日の予防接種時間帯を拡大
東北大、気管支ぜんそく発症の原因を明らかに
肥満度の計算式
小児夜間救急について(平日の時間外診療、日曜診療)
map.png
schedule.png
schedule_1.png
診療予報接種・健診
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 18:30
14:30 ~ 15:30
※電話での受け付けは18:00まで
schedule_2.png
診療予報接種
9:00 ~ 12:00
15:30 ~ 17:00
14:00 ~ 15:30
※電話での受け付けは16:30まで

schedule_3.png
schedule_4.png

Copyright 2016 きのした小児科 All Rights Reserved.